スポンサーリンク

Helix

スポンサーリンク

Helixをdtvで見てみた。


アンダー・ザ・ドームと同じでどうしてこうなった作品です。
シーズン1は、アウトブレイクのような感染を題材として北極を舞台に結構いい感じでバイオハザードとゾンビの中間そして不老不死というテーマで進んでいたのですが、シーズン2になって島編になると一気に見るきが失せてきます。

これはカルト教団化した信者とCDCなどの戦いになるのか謎ですが、やり取りが非常にだるくてどこの路線に行こうとしているかわからないです。

ゾンビなの?不老不死なの?この島LOSTなのか?wとか色々よぎるわけですが結局のとこ収まるとこに収まって巨大な組織には勝てないなと痛感させられるだけのお話。

真田広之さんも1ではいい役してたのに2では基地外をやらされる羽目になりさぞ残念でしょう。

こんな醜態では打ち切りも仕方ないですね。

氷と雪に閉ざされた北極の研究施設で未知のウイルス感染が発生し、疾病対策予防センター(CDC)の科学者チームが事態収拾のため現地へ派遣される。情報開示に消極的な責任者ハタケ博士に翻弄され、なかなか真相究明の進まないことに苛立つリーダーのアラン。凶暴化したベクター(媒介生物)によってウイルス感染の被害は急速に拡大し、施設では不安や恐怖、そして疑心暗鬼が広まっていく。次々と命を落としていく仲間たち、内部に潜入したスパイによる妨害工作。やがて何者かによって外部との通信手段が絶たれ、アランたちは絶体絶命の危機に陥る。果たして、恐るべきウイルスの正体とは?この施設に隠されている秘密とは?それらの真実が明らかとなった時、人類の命運を揺るがす巨大な陰謀が不気味に頭をもたげる…!

情報源: HELIX/ヘリックス –黒い遺伝子- – オフィシャルサイト

感想をどうぞ
  • よかった(0.0%)
  • 普通(0.0%)
  • 悪かった(0.0%)

5.7

ストーリー

6.8/10

キャラ

4.5/10

良いところ

  • 真田広之の熱演

悪いところ

  • シーズン2からおかしくなる