スポンサーリンク

武器人間

スポンサーリンク

武器人間をネトフリで見てみた。


これぞB級マッド・サイエンティストだな。
第二次世界大戦中のソ連の偵察部隊がドイツの占領地の教会で見つけた大量殺人から始まるんだけど、そこで1人のマッド・サイエンティストが人造人間作りまくってますと言うお話ですね。

いや~ターミネーターはロボティクスの頂点をいってるけど、これはアナログというか仕組みがいまいちわからんけど生身の人間に無理やりくっつけて動かしてる版だな。


どちらかというとフランケンシュタインの部類に入るんだろうな~

ここにもっていくのかぁ~といい意味で覆される発想が面白いなw

ロボのキモさがなぜかヘルレイザーと被ってしまうなw

1945年、第二次世界大戦末期の東部戦線。ソ連の偵察部隊がある任務を帯び、ドイツの占領地域に足を踏み入れた。やがて古い教会を見つけた部隊は、そこで何者かによる大虐殺が行われた形跡を目撃する。さらにその建物の地下には迷路のような通路が張り巡らされ、広大な研究室が隠されていた。その研究室こそ、フランケンシュタイン博士の末裔が、死体と機械を合成し、不死身の改造人間を製造している大量破壊兵器工場だった…!!

情報源: 作品情報 | 映画「武器人間」

感想をどうぞ
  • よかった(0.0%)
  • 普通(0.0%)
  • 悪かった(0.0%)

6.7

ストーリー

3.0/10

マッド・サイエンティスト

10.0/10

武器人間キャラの面白さ

7.0/10

良いところ

  • B級でみれば合格

悪いところ

  • グロい
  • キモい
  • マッド・サイエンティスト
  • 描写がエグい