スポンサーリンク

怪しい伝説

スポンサーリンク

怪しい伝説をNETFLIXで見てみた。


いわゆるドキュメンタリーなんだけど、毎回お馬鹿なことを真剣に科学的に追求して実践していくマジでお馬鹿組の話です(笑)
色々なチャレンジのスケールがでかいとこがさすが海外というべきか・・・

日本のYouTuberのやってみたなんて所詮は子供だましな作品ということだな。

日本でもこれの劣化版のトゥルルさまぁ~ずがdtvで専用で配信されてるんだけど、これはこれでお馬鹿で面白いのよね。スタジオだけをうまく使っていわゆるアイデア商法的な簡単でアホなことを実践していく感じかな。
アホなこと真剣にという点では同じ笑える分野かな(笑)

「伝説バスターズ(MythBusters)」のアダム・サヴェッジとジェイミー・ハイネマンが、アメリカの巷で囁かれる都市伝説等の怪しい噂を検証する番組。一回の放送中に概ね2つから3つの伝説が取り上げられるが、伝説を一つ一つ順番に紹介するのではなく、複数の伝説の検証を少しずつ並行して流す構成となっている。
検証の対象は都市伝説のみに限らず、ことわざの表現を科学的に検証するといった企画もある。(「干し草の山から針を見つけるようなもの」や「転がる石に苔は生えない」等)
アダムとジェイミーは、映画等の特殊効果に長年第一線で携わってきた経験を活かし、科学知識に基く考察や実験機材の製作及びそれを用いた実験を行い、噂の真偽を検証する。番組冒頭では、アダムが検証する噂の概要を紹介し、ジェイミーが検証に必要な作業の内容や実験機材の仕様を提案する。二人が、専門家の意見が必要なケースであると判断して、インタビューに赴く場合もある。
検証には、財布を使うような手軽なものから、廃棄された飛行機を使うような大掛かりなものや、拳銃、ライフルなどの実銃を使った実験まで行うこともある。最後には、実験結果を踏まえて、「BUSTED」(ウソ)・「CONFIRMED」(正しい)・「PLAUSIBLE」(有り得る)の三通りの評価で伝説を判定する(初期のシリーズでは、より直接に「TRUE」(真実)とした評価も存在した)。ただし、実験の手順や検証結果等に疑問を持った視聴者からのクレームに応え、再実験が行われることもある。

情報源: 怪しい伝説 – Wikipedia

感想をどうぞ
  • よかった(0.0%)
  • 普通(0.0%)
  • 悪かった(0.0%)

怪しい伝説

5.75

ストーリー

8/10

    キャラ

    4/10

      良いところ

      • 笑いと科学

      悪いところ