スポンサーリンク

ワイルド・スピード SKYMISSION

スポンサーリンク

ワイルド・スピード SKYMISSIONをdtvで見てみた。


クルマ好きにはたまらないワイルド・スピードシリーズ7ですね。
クランクアップする前に主演のポール・ウォーカーが交通事故でなくなるという悲しいお知らせが届き、この作品でも一部のシーンは弟2人が出てるそうだけどよくわからなかったな(;´Д`)


リアルでも車好きで車で死亡とか本望だろうか。。。残念

05

似てるといえば似てるけど別人だよな兄弟でも。。。

前作でオーウェンの組織を倒したと思ったら今度はブチ切れた兄(ジェイソン・ステイサム)登場とかマジで豪華すぎるし、街は破壊しまくるしビルはジャンプ台にするし崖からは落ちるしドキドキの連続でアドレナリン出まくりですね。

この作品は時間軸が多少特徴があって
1:ワイルド・スピード
2:ワイルド・スピード X2
4:ワイルド・スピード MAX
5:ワイルド・スピード MEGA MAX
6:ワイルド・スピード EURO MISSION
3:ワイルド・スピード TOKYO DRIFT
現在の7(ワイルド・スピード SKY MISSION)なんだよな。

前作の6でオーウェン捕まえてることになってるけど3が挟まるからTOKYOシリーズみると繋がるのかな?


今度暇な時に見てみるか。

何もかもが派手でぶっ飛んだ作品なのでぜひ見ることをおすすめしますね!

そしてさよならポール(ノД`)シクシクいい作品をたくさんありがとう

前作においてオーウェン・ショウ率いる国際犯罪組織を仲間たちと打倒することに成功し、レティを取り戻すことに成功したドミニクであったが彼女の記憶喪失は戻らず、レティとの関係に苦悩する。また、息子のジャックの送迎を慣れない車で行うという平和な日々を送るブライアンであったが、かつての刺激を恋しく思う言動を妻のミアに打ち明ける。ミアは2人目の子供を身ごもっているが、ブライアンをより束縛してしまうのではないかと妊娠の件を打ち明けられていないことをドミニクに吐露する。
一方、ホブス、エレナが勤めるDSS本部のホブスの部屋に見知らぬ男が彼のPCをハッキングしていた。男の名前はデッカード・ショウ、元イギリス特殊部隊員で秘密諜報機関にも在籍していた男であり、オーウェンの兄でもあった。デッカードは弟の復讐のためホブスの端末からドミニク一味のメンバーを探知、手始めにホブスに手傷を負わせ去っていく。そして東京に移り住んでいたドミニク一味であるハンを事故に見せかけて殺害し、更にドミニクの自宅に爆弾を送り届け、木端微塵にした。入院しているホブスから情報を手に入れたドミニクは仲間の命を狙うデッカードを打倒することを決意。その前に東京へ飛んでハンの遺品を受け取り、アメリカで葬儀を行う。そこで葬儀の最中に現れたデッカードを追い、一触即発となるが直後に現れた特殊部隊によりデッカードは逃走。
特殊部隊はミスター・ノーバディと名乗る男が率いるアメリカ政府に属する秘密組織であり、ドミニクに対してジャカンディという男が率いる民間軍事組織によって捕えられたラムジーというハッカーの奪回を依頼する。ラムジーが開発した『ゴッド・アイ』という監視プログラムは世界中のあらゆる情報機器よりデータを入手することでどんな人物が世界中のどこにいようとわずかな時間で発見することができる代物であり、ノーバディの提案はラムジーと『ゴッド・アイ』の奪還に成功したらそれを利用してのデッカード打倒に協力する、というものであった。
ドミニクは了承し、ファミリー全員と未だ記憶が戻らないレティと共にアゼルバイジャン山中で移動していたジャカンディらの車両部隊へ空からの急襲をかける。

情報源: ワイルド・スピード SKY MISSION – Wikipedia

感想をどうぞ
  • よかった(0.0%)
  • 普通(0.0%)
  • 悪かった(0.0%)

9.9

ストーリー

9.8/10

キャラの個性

9.8/10

10.0/10

良いところ

  • カーアクション
  • 仲間
  • ポール・ウォーカー追悼