スポンサーリンク

デス・プルーフinグラインドハウス

スポンサーリンク

デス・プルーフinグラインドハウスをNetflixで見てみた。


スタートから中盤まではダラダラと70年台を思わせるような作風と色合いで攻めてきてこれはその次代の作品なのか?と錯覚してしまうくらいタイムスリップしてしまいますね。

途中からいきなり展開が変わり車で惨殺しまくるし、訳の分からない女子トークを延々と聞かされるし・・・・


なんとも辛い作品です。

後半はカーアクション1色になりますが、これは女性を怒らせると怖いぞという教訓にもなるのかね(;´Д`)
こんな仕返しされたらと思うと(TдT)

テキサス州オースティンの地元ラジオ局の人気DJジャングル・ジュリアは、長年の親友シャナの運転する車で、久しぶりに街にやって来た友人アーリーンと共に出かけた。しかし、怪しい車に乗った男がジュリアたちの前に何度もあらわれることにアーリーンは気付く。彼は、女の子たちが向かったバー「テキサス・チリ・パーラー」にも現れ、スタントマン・マイクと名乗り、ジュリアがラジオで放送したことについて、アーリーンに話しかけてくるのだった。怪しみながらも、個性的なマイクとのやり取りを楽しんでから、アーリーンとジュリアたちはバーを出て、ラナの運転の車に乗り帰路に着く。マイクも、パムと約束したために彼女を送ろうとしていた。マイクは自分の車を、カースタントのための耐死仕様(デス・プルーフ)だとパムに話す。そして発車させたとたん、マイクはおぞましい本性を現し、女の子たちは、みんな悲惨な目に遭うことになった。
オースティンから14ヶ月後のテネシー州レバノン (Lebanon)にマイクはあらわれる。映画業界で働くキム、アバナシー、リーの3人はニュージーランドから来た仲間のゾーイを空港に迎えに行ってから、4人で仕事の合間の休みを過ごそうとしていた。そしてスタントウーマンであるゾーイの希望で、レバノンで売りに出ているという或る中古車を見に農家に行くことになる。それはゾーイの憧れの車で、440エンジン搭載の白の1970年型ダッジ・チャレンジャーだった。オーナーから許可を得たゾーイは、キムとアバナシーを伴って試乗するが、マイクがマッスル・カーで絡んでくる。何とか危機を脱した3人に、マイクは機嫌良く別れを告げるが、ゾーイたちは、やられっぱなしになるような甘い女ではなかった。

情報源: デス・プルーフ in グラインドハウス – Wikipedia

感想をどうぞ
  • よかった(0.0%)
  • 普通(0.0%)
  • 悪かった(0.0%)

2.3

ストーリー

2.5/10

キャラ

1.5/10

カーアクション

2.8/10

悪いところ

  • グロい
  • 話が飛ぶ
  • 延々と女子トーク
  • 実は敵は雑魚