スポンサーリンク

キャビン

スポンサーリンク

キャビンをNetflixで見てみた。


埋め込み画像への固定リンク

全く知らなかったんだけど、いろいろなホラーのパロディが盛りだくさんて感じなのね。

埋め込み画像への固定リンク

スタートからして、ピタゴラな死亡のファイナルデッド系かと思ったけど全然普通に進むので、あれ?スクリームノリのライト感じかと思ったら、開幕ゾンビだし(笑)

埋め込み画像への固定リンク

埋め込み画像への固定リンク

4時間位の映画を超絶凝縮しすぎて無駄なとこと重要なとこも絞りきったみたいな作品になってしまってるな(;´Д`)

埋め込み画像への固定リンク

どの程度のパロディがあるのか調べてみたけど結構いろいろあったんだな。

ホワイトボード編

・狼男
・エイリアンビースト(フェイスハガー)『エイリアン』
・人型ミュータント『ヒルズ・ハブ・アイズ』『28週後』
・幽霊『13ゴースト』
・ゾンビ『ナイト・オブ・リビング・デッド』『死霊のしたたり』
・レプティリウス(爬虫類系の怪物)『Reptilicus』
・ピエロ(ペニーワイズ)『IT』
・魔女『黒の怨』
・セクシーな魔女『The Witches of Breastwick』
・悪霊に取り憑かれた人々『死霊のはらわた』
・悪魔『Night of the Demon』
・ヘルロード(地獄の主・苦痛と緊縛の王フォルニカス)『ヘルレイザー』

埋め込み画像への固定リンク

・怒った木『死霊のはらわた』
・巨大ヘビ『アナコンダ』ドラマ:『バフィー』第3シーズン
・デディッツ『死霊のはらわた』
・ケビン(小説:We Need to Talk About Kevin)
・ミイラ男
・花嫁『The Blood Spattered Bride』『死霊のえじき』
・スケアクロウ(カカシ男)『Dark Night of the Scarecrow』
・スノーマン『キラー・スノーマン』『ジャック・フロスト』
・ドラゴンバット『ブレイド2』『アンダーワールド: エボリューション』『地下室の悪夢』ゲーム:『バイオハザード5』
・バンパイア『吸血鬼ノスフェラトゥ』
・ディスメンバーメント・ゴブリン『グーリーズ』『ゴブリン/プチ魔獣の逆襲』
・シュガープラムの精『くるみ割り人形』『ブラック・スワン』『パンズ・ラビリンス』

埋め込み画像への固定リンク

・マーマン『大アマゾンの半魚人』

埋め込み画像への固定リンク

・リアニメーター『ZOMBIO/死霊のしたたり』
・ユニコーン

埋め込み画像への固定リンク

・ヒューロン(ネイティブ・アメリカンの戦士)
・雪男(サスクワッチ、インディエゴ、イエティ)
・ドールズ『ストレンジャーズ 戦慄の訪問者』『ドールハウス』
・医者:『TATARI タタリ/呪いの館』『Dr.ギグルス』『ムカデ人間』
・ジャック・オ・ランタン
・巨人
・双子『シャイニング』
・拷問好きレッドネックゾンビ家族(バックナーファミリー)『ヘルレイザー』『悪魔のいけにえ』『ヒルズ・ハブ・アイズ』『クライモリ』『ゾンビ』『悪魔のいけにえ』

ホワイトボードに関係ないもの

アルマ・ウェイド ゲーム『F.E.A.R』
古きもの『クトゥルフ』シリーズ
ハゲの怪人
ブロブ『ブロブ 宇宙からの不明物体』
ブーマー(ゲーム『Left 4 Dead』)
牛頭の怪人
恐怖の影
クトゥルフ的生き物(タコ頭+人みたいなやつ)『クトゥルフ』
サイクロプス
顔はぎ男(DVD特典のみ)
空飛ぶヒル
殺人鳥の群れ(ヒッチコック『鳥』)
鞍をつけた四足の怪物
ノームの男の子
巨大蟻『THEM(ゼム)』
巨大猿(ゴリラ)『キングコング』
巨大ネコ
巨大ムカデ
巨大フェレット
巨大な空飛ぶ生首
巨大フクロウ
巨大クモ『タランチュラ』『スパイダー・パニック!』
巨大カエル
巨人女『妖怪巨大女』
ゴリラ(巨大ゴリラとは別物)
ハンター(ゲーム『Left 4 Dead』)
キコちゃん『リング』『呪怨』

埋め込み画像への固定リンク

殺人ロボット
クー・クラックス・クラン
クラーケン
透明の防水シートをかぶった男
淡いピンクオレンジの蛇
毛羽立った体と触手のある生き物『クトゥルフ』
狂犬病の犬
リーヴァー『ファイヤーフライ 宇宙大戦争』
ナタを持った野蛮人
黒いローブをまとってスライム状のつるつるテラテラした頭から角が生えている怪物『クトゥルフ』
窒息魔
トロル
タンク(ゲーム『Left 4 Dead』)
ウィッチ(ゲーム『Left 4 Dead』)
モンスター監房『キューブ』
秘密組織(イニシアチブ) 『バフィー』

埋め込み画像への固定リンク

大学生のデイナ、ホールデン、マーティ、ジュールズ、カートは週末を近郊の森にある小屋(Cabin)で過ごそうと計画していた。道中、行き先を尋ねたガソリンスタンドの男から小屋にまつわる不吉な話を聞きつつも、彼らは到着。週末を楽しむ彼らであったが、その夜、突如として地下室の扉が開く。薄暗い室内には物が散乱していたが、デイナはその中からある日記を発見する。それはペイシェンス・バックナーという少女の日記で、バックナー一家が犯してきた恐ろしい罪の数々が記されていた。そして、日記の最後には、謎のラテン語文が書かれていた。デイナがラテン語を読み上げると、森の中に埋まっていたバックナー一家の死体が起き上がり、小屋を目指し始めた。呪文によって復活したバックナー一家は性交中のカートとジュールズを襲い、ジュールズを殺害。残りの若者を皆殺しにしようと小屋を襲撃する。

一方、ハイテク機器に囲まれた管制室でこの惨状を監視する人々がいた。彼らは小屋や森中に設置されたカメラで若者の動きを監視し、また薬物を散布したり、照明を調整するなどして若者たちの行動を誘導し、「怪物が彼らを殺しやすい状況」をセッティングしていたのだ。彼らの目的は一体何なのか。そして、デイナたちは怪物からの襲撃を逃れることができるのか。
だが、これは人類の存亡に関わる恐るべき物語の序章に過ぎなかった……

情報源: キャビン (映画) - wikipedia
情報源: 10分でわかる映画『キャビン』に登場する全てのホラーネタ
情報源: <ネタバレ>『キャビン』に出てくる方々調べたよ

感想をどうぞ
  • よかった(0.0%)
  • 普通(0.0%)
  • 悪かった(0.0%)

4.6

ストーリー

5.5/10

キャラ

3.7/10