スポンサーリンク

インプリント ぼっけえ、きょうてえ

スポンサーリンク

インプリント ぼっけえ、きょうてえをNetflixで見てみた。


なんだろう。

埋め込み画像への固定リンク

三池崇史さんとアメリカ資本ということで期待して観たけど2006年はまだかということだね。

埋め込み画像への固定リンク

時代設定上どうしても、さくらんやSAYURIや陽暉楼とくらべてしまうんだけど3作品に比べて1時間という時間の短さからどうしても半端なんだよね。

埋め込み画像への固定リンク

描写としては劣化日本版ヘルレイザーのような感じではあるけど、妖怪に進みたいのか、女郎としての生き様に進みたいのかよくわからない。

埋め込み画像への固定リンク

焦点はやはり記者?なのかな。

原作を知ってる人にはわかるんだろうけどこれは完全に日本特有の映像化して失敗というやつでないのかな?
そもそも映倫通ってないらしいけど?どこがダメなのかよくわからないんだよな~

埋め込み画像への固定リンク

女郎を折檻してるとこと、あかちゃんの描写が倫理的にダメということかな?

埋め込み画像への固定リンク

ま~グロいし見る人が見たらトラウマになるかもしれないな(;´Д`)特に女性は・・・

映像美がもうちょっと赤を基調としてさくらんのようにいけば面白くなってたかもな~残念

埋め込み画像への固定リンク埋め込み画像への固定リンク

明治時代の日本。アメリカ人文筆家のクリスは小桃という女を探している途中、川中の遊郭で、とある女郎と出会う。その女郎は小桃との思い出をクリスに語り出す。醜い顔をしたその女郎は 生まれたときから奇形で顔の左半分がつり上がり、その為か他の女郎達の間に馴染めなかった。
いくつもの遊郭を渡り歩くなか、とある遊郭で彼女は女郎の小桃と出会う。どの女郎からも貶され虐げられてきたが小桃だけは彼女に優しくしてくれた。そんな小桃に翡翠の指輪の盗難の疑惑がかかり、小桃は拷問をされてしまう。そしてその女郎の手によって小桃は殺されてしまう。クリスは優しくしてくれた小桃を何故殺したと問い詰める。するとその女郎は生い立ちからの不幸な運命とその呪われた体の秘密を語り出す。

情報源: インプリント〜ぼっけえ、きょうてえ〜 - wikipedia

感想をどうぞ
  • よかった(0.0%)
  • 普通(0.0%)
  • 悪かった(0.0%)

2

ストーリー

2.8/10

キャラ

1.2/10