スポンサーリンク

アタリゲームオーバー

スポンサーリンク

アタリゲームオーバーをNETFLIXで見てみた。


過去に存在した神がかり?的ゲーム会社のドキュメンタリー。
昔でかいゲーム会社が廃棄したものを都市伝説のように探し求める集団の話。
ゲーム好きなら1回はこの悲惨な過去を見とくといいがここまで悲惨なのは早々無いだろう。

1983年9月、アラモゴード・デイリー・ニュースは一連の記事中で、エル・パソにあるアタリ社の倉庫からセミトレーラー10から20台分の本体およびカートリッジを運び出し、市の処分場に廃棄したと伝えた。アタリ社が市の処分場を利用するのは初めてのことで、ここなら掘り起こされることもないと考え、夜間に廃棄が行われた。アタリ本体の廃棄理由について、Atari 2600からAtari 5200への切り替えのためという説と、本体は廃棄されていないという説がある。アタリ社の役員は返品された「ほとんど修理不能」とアタリ社が判断した不良品をアラモゴードに送ったと述べている。
1983年9月27日にUPI通信社は「目撃者は『E.T.』や『パックマン』、『ミズ・パックマン』などのゲームやゲーム機本体、高額なパソコンが処分されたと語っている」と伝えた。ナイトリッダー(英語版)は9月28日、地元の子供たちが処分場から盗み出していると報じた。報道では「この人口25,000人の町の子供たちは、アタリの墓を盗掘し、『E.T.』や『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』、『ディフェンダー』、『Berzerk 』といったゲームを持ち出している。」と伝えている。
1983年9月28日、ニューヨーク・タイムズはニューメキシコでのアタリの廃棄処分について報じた。アタリ社の代表は報道を認め、処分された在庫は閉鎖されリサイクル施設となっていたエル・パソの工場から運ばれたと述べた。ニューヨーク・タイムズにおいてはアタリ社が何のゲームを処分したかについては述べられておらず、さまざまな情報はあるものの処分されたゲームについては結論は出ていない。アラモゴード・デイリー・ニュースの「City to Atari: ‘E.T.’ trash go home」という記事の見出しはE.T.が埋められたことを示唆しているように思えるが、記事内では見出しにあるE.T.とは「域外(Extra-territorial)」の意味であるとぼかし、ゲームを特定してはいない。
1983年9月29日から始まった作業は、処分したものにコンクリートをかけるという廃棄物処理としては異例のものだった。匿名の作業者によると「動物の死体があるから、子供たちがそこを掘るときに怪我をしてしまわないようにするためだ」と語った。結局大量の処分は市からの抗議を受け、当局の人間はエル・パソの産業廃棄物処分場となることに憂慮する声明を出した。地元の管理官はすぐに処分を止めるよう命じた。アラモゴード市では後に緊急管理法(Emergency Management Act)を可決し、また緊急管理特別委員会(Emergency Management Task Force)を設立して産業廃棄物処理業者に一定の制限をかけるようにした。

情報源: ビデオゲームの墓場 – Wikipedia

感想をどうぞ
  • よかった(0.0%)
  • 普通(0.0%)
  • 悪かった(0.0%)

1.5

ストーリー

2.5/10

キャラ

0.5/10