スポンサーリンク

おろち

スポンサーリンク

おろちをdtvで見てみた。


う~んもうちょっと谷村美月の不思議な力を見たかったんだけど頭に残ったのは木村佳乃のヒステリーシーンだけだな(;´Д`)

最後の最後のオチまでの引っ張り作品なので途中の進行が非常に辛い。

漫画版を見てないからなんとも言えないが、ストーリー的にはだいぶ良さそうなんだがどうしたもんかな。


写真を見る限りでは非常に赤が強い印象に感じられたけど、映画自体には特にこれといった細工や工夫もなかったな。


もうちょっと毒々しい家族の物語が見れると思ったけどこれじゃ~昼ドラよりもちょっとひどいな。

残念。

100年に一度永い眠りにつくことにより不老不死の体を保ち続け、人の世を彷徨う謎の美少女“おろち”(谷村美月)。彼女は人間たちの争いや憎しみ、狂気、死をただ見つめ続ける存在である。ある日、おろちは門前家に家政婦として潜り込む。そこには大女優として名を馳せた美しい母・葵(木村佳乃)と2人の美しい姉妹、一草と理沙がいた。しかし門前家に生まれた女たちは、ある宿命を背負っていた。彼女たちは誰よりも美しく生まれるが、29歳をすぎるころ、突然その美貌が崩れ始め、最終的には化け物のように醜く朽ち果て、やがて死んでいくのだという。そしてある日、葵の顔が爛れ始める。半狂乱になった葵は酒に溺れ、車を猛スピードで飛ばし死にかけるが、おろちによって助けられる。しかしそのときの大量出血が原因で、おろちは予定より10年早く眠りにつくことになる。永い眠りから目覚めたおろちは流し夫婦に拾われ、“桂子”として生活していた。すると理沙(中越典子)が現れ、彼女を大金で身請けする。葵そっくりに成長した女優・一草(木村佳乃・2役)の身の回りの世話をさせるためだ。再び門前家に戻ったおろちは、醜く変わり果てた葵を見つける。死の間際、葵は理沙に門前家のもうひとつの秘密を打ち明けるが……。

情報源: おろち – kinenote

感想をどうぞ
  • よかった(0.0%)
  • 普通(0.0%)
  • 悪かった(0.0%)

3

ストーリー

3.5/10

キャラ

2.5/10

悪いところ

  • 家族のどろどろが見たかった
  • ヒステリーがうざい
  • 不思議な力がもっと見たかった